作成者別アーカイブ: mchapel1

mchapel1 の紹介

京都亀岡のカヤックプロショップメルヘンチャペルweb事業部のカヤックに関わる熱血ブログです。

パドル

入荷したセレクト・ウォーリアパドルのオーダー聞いているエッジカバーとグリップテープ取り付け5本完了。後2本は後日します。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

パドル入荷

昨日夕方にMatui君がパドルのデリバリーをしてくれました。セレクトパドルのウォーリア。ブレードのサイズ、シャフトの選択(ストレート、ベント、トリプル)長さ、アングル全てフルオーダーです。個々に合わせてブレードエッジカバー、グリップテープを取り付けます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

インプレッション

今日は上桂へ。ピラニアMachno Mと同じ条件でスペード・ブラックジャックで乗ってみる。最近のロングボートの中では256㎝、285Lとスモールサイズですが85キロ迄OK。ハーフラウンドボトム、エッジレール(ハードチャイン)が効いて小気味の良いエッジングターンが面白い。バウコントロールもオーバーワークで無い45°範囲でライン変えもスムーズ、でいてブーフもバウからスターン迄レールがある為、落下後にバウが横にブレないで前にエネルギーが集まり抜けも良いです。お客様によく聞かれるのが、プレオボートで DR出来るゲレンデでクリークボート(リバーランニングボート)に乗っても面白く無いのではと。エキストリームボートは悪路に強いキャパの大きいヘビーデユーティ4駆と一緒で、普段から乗りこなさないと本番でコントロールが出来なく、乗せてもらう様で面白く無い。プレイと DRは別のタイプで分けたほうが本質が理解できます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

今朝

今朝はHさんがカヤックのフィティングに来店。サイブレスの調整をさせていただく。後にM君が来店。パドリング談議色々しました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

滝見

雪の明神の滝へ行く。 膝までの雪をラッセルしながら進もが、沢へ降り遡る。ドライパンツとパドリングシューズなので腰まで浸かっても寒くない。良い汗かきながらの滝見です。

カテゴリー: 未分類 | 190件のコメント

前祝い

家内の誕生日前祝いに。10日で閉店する宮ステーキ食べ納め兼ねてです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

初乗り

上桂で初乗りしました。 使用艇は久しぶりにピラニアMachno M。 バウコントロールが軽快でストレス無し。 このボートはピラニア一押しのクリークボート、9R(エキストリーム競技向けに前に抜けるスピード、パンチ力を備えた名艇、最近の各メーカーデザインはこのボートから変化しました。)の直ぐ後にバウは9R,スターンを一世代前のShibaの良いところを備えたミックスボートがMachno。スターンが安定(重い)して長所はバウが軽快に反応し非常に乗りやすいです。気になるのはパワーウォーターでバウが反応し過ぎるところ。oyajiの求めるクリークボートは、フラットではあくまで真っ直ぐに、エッジの変化で左右のバウコントロールが出来るのが望ましいです。乗り手の意識で流れに乗り、アウト出来る自在性ボートが好きですね。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

オリジナルギアー

昔のオリジナルギアー。サイドポンツーン。 40代(30年程前)の頃、シーカヤックでセーリング(オリジナルバイダルカ型セール)の時にスタビリティーを高める為に創作。普通はアウトリガーですが、パドリング重視の為にコックピットサイドに取り付けるタイプ。 壮大な夢があり、日本海をソロカヤック(タンデムを改良)でナホトカまで横断。為に、アクアラングからCO2ボンベ仕入れ、ガスと口で吹き込む W使用を作ったり、夜寝る時に流されない様に、ドローグを作り(パラシュートフレアタイプではボートにストレスがかかり過ぎる)、荒れた海でテストを繰り返し改良。西ドイツから逆輸入の防水Wジッパーでスプレースカートを作ったりと。でも夢は夢、コースは島根から七ツ島〜韓国=北朝鮮〜ナホトカ。決行すれば確実に北朝鮮に拿捕、為に中止。 その時の経験から、ポンツーンは低価格でシンプル、必要な時に海上で直ぐに取り付けられる発泡ウレタンがベスト。若いとは大胆で怖いもの無しでしたね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

初歩き

初歩きで、七谷川〜三郎ヶ岳周辺。 静寂の中、気持ちが引き締まりました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

初詣

初詣。 家内と篠八幡宮と愛宕神社本宮へ。 今年の抱負はよりチャレンジャーに、とチェックです。足元を確認しながら攻める。肝に銘じます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ