沢登り

昨日ゲットしたカメラ持参で,滋賀朽木、安曇川の芦尾谷を遡る。
此処は京都府最高峰の皆子山へのアクセスルート上にある。
最高峰と言っても971㍍と低山、二股別れから上を目指すが人が入った気配形跡無し、もしかして初トライ。ドライウェアの上下の為に胸迄水に浸りながら遡るが寒くない。只この上は数週間前に,源流からキャニオニングして落差10㍍程の滝に阻まれ,今日は逆からリベンジ。
案の定垂直のゴルジュ地帯に2連の10㍍滝あり、へつりながらよじ登るが下りのロープアンカーが見当たらないので此処で引き返す。もう少しで上の滝迫るが、単独の場合絶対に怪我を避けないと危険。帰りは景色を楽しみながら下山する。

mchapel1 の紹介

京都亀岡のカヤックプロショップメルヘンチャペルweb事業部のカヤックに関わる熱血ブログです。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>